温肌研究員の高橋がお答え!
“いまどき”肌のお悩みあれこれ

春先の肌トラブル・・・原因は“油断した肌”にあり!?

こんにちは、温肌研究員の高橋です。
お客様から日々寄せられるさまざまなお悩みの声にお答えしていきたいと思います。

冬から春にかけて空気の乾燥は緩和されるはずなのに、なぜか毎年肌が不調になります・・・

厳しい寒さと乾燥が和らぎ、だんだんと春めいてきましたね。そろそろ肌の乾燥も落ち着くはず…と安心する方も多いのではないでしょうか。
しかし実は、季節の変わり目は蓄積したダメージが肌トラブルとなってあらわれる時期。例えば、夏の強い紫外線によるダメージは秋の肌に、冬の厳しい乾燥によるダメージは春の肌に影響を及ぼします。

また、冬は空気の乾燥が厳しい一方で紫外線や花粉などその他の刺激要因が少なく、肌にとって“油断”しやすい環境でもあるのです。
紫外線量が少なく、一年で最も紫外線による蓄積ダメージの少ない時期と言えますが、その分、春になり急激に紫外線量が増え始めることで、紫外線に対して過敏にダメージが起こり、トラブルにつながりやすくなってしまいます。

さらに、季節の変わり目は、特有の寒暖差がありますよね。それに肌が適応することができず、肌本来の力の調和がとりづらい状態になるのです。その結果、肌のバリア機能は低下、増え始めた紫外線の刺激も相まって、肌荒れやニキビなどのトラブルが多発してしまいます。この時季は、普段使用している化粧品が突然合わなくなる、といったトラブルも多いのが特徴です。

バリア機能が低下した状態で刺激を受けた結果トラブルに繋がるのは、体や心も同様です。例えば、胃腸が重く感じるときに辛いもののような刺激物を摂ると余計に症状が悪化したり、疲労が溜まっている時に辛辣なことを言われると余計に落ち込んだりしますよね。
肌と体と心はそれぞれ繋がっていて、バリア機能とトラブルが密接に結び付いているのです。

肌に関して言えば、刺激に対して過敏になりバリア機能が低下している今の時季は、クレンジングや洗顔を適切な方法で行うことが重要です。洗顔時は、熱すぎるお湯で洗うと必要な皮脂まで落ちてしまい、肌をバリアする力がさらに弱まります。一度過剰に取り去られた皮脂がまた十分に分泌されるまでには、約2時間もかかるというデータも…。適切な水温は32~34℃、できるだけ人肌に近い温度で洗うことをおすすめします。

まもなく春。気持ちも高揚する季節が到来します。
“油断した肌”のために、これまで以上に肌のバリア機能を保持するためのケアを心がけてみましょう。

----------------------------------
▼温肌研究員の髙橋に聞いてみたい、肌や体に関するご質問を募集中!”こんなこと聞いてみたい!”というお声を、公式LINEにてお寄せください。
⇒ON&DO公式LINEお友達登録
----------------------------------
皆さまのお声、お待ちしております。