温肌研究員の野口がお答え!
“いまどき”肌のお悩みあれこれ

真夏の肌トラブル……こまめなケアの積み重ねを!

こんにちは、温肌研究員の野口です。
お客様から日々寄せられるさまざまなお悩みの声にお答えしていきたいと思います。

この夏こそ紫外線対策をしっかりしたいので、正しい方法を教えてください。

暑い日が続いていますね。
今年の夏は、人の動きに制限がかかり、休暇に海やプールに行くこともなかなかできないと思います。
紫外線を思い切り浴びる機会はなくても、日常生活の中でいつのまにか紫外線ダメージが蓄積してしまうことは十分考えられます。
今回は、いくつかのパターンに分けて、紫外線対策についてお伝えできればと思います。

お顔

くすんだ状態のみならず、シミやシワ、たるみなども紫外線によるダメージが一因と言われています。日傘や帽子で直接防いだつもりでも、実はアスファルトからの照り返しにより紫外線を浴びています。汗や皮脂でUVクリームが浮いてしまう可能性もあるので、朝だけではなく、2~3時間おきに塗り直すことをおすすめします。
ダメージを受けやすい唇のケアも忘れずに。UVカット効果のあるリップクリームもありますので、ぜひ活用して、こまめなケアを心がけましょう。

頭皮

昨今は、頭皮の紫外線対策も注目されていますが、とくに髪の分け目などは紫外線を浴びやすくダメージを受けやすいのです。
美しい髪は、すこやかな頭皮から育まれます。ダメージのない頭皮環境を目指すために、日傘や帽子、頭皮用のUVスプレー等で紫外線から防御しましょう。乾燥による髪のパサつき対策にもなります。

首元

意外にも、首元にUVクリームを塗るのを忘れる方が多いです。首は、動きが多いため、年齢が現れやすい部位でもあります。お顔だけではなく首元にも忘れず、UVクリームを塗りましょう。また、うっかり対策を忘れていた時は、とにかく保湿が肝心です。お顔のスキンケアをする際に、首元までケアしましょう。

少しの油断が積み重なると紫外線ダメージも積み重ねていくことになります。ですが、こまめな対策をしていれば、十分回避することができます。
紫外線ダメージを受けてしまった肌には、ターンオーバーを乱さないためにも、保湿と良質な睡眠が大切です。肌のターンオーバーが整うことにより、ダメージも徐々に改善されていきます。
暑い夏は、寝苦しく睡眠不足に陥りがちです。するとターンオーバーが乱れ、紫外線ダメージをリカバリーできないばかりか、肌荒れをはじめとするあらゆるトラブルにも繋がります。気温調節のためにもエアコンを適度に活用していただきたいですが、冷風が直接、肌に当たると乾燥しますので、風向きには注意してください。

紫外線対策と丁寧なスキンケアは基本的なことのようですが、とても重要なポイントです。
こまめなケアを積み重ねて、真夏のダメージを残さず、秋の美肌を今のうちからつくっていきましょう。

----------------------------------
▼温肌研究員の野口に聞いてみたい、肌や体に関するご質問を募集中!”こんなこと聞いてみたい!”というお声を、公式LINEにてお寄せください。
⇒ON&DO公式LINEお友達登録
----------------------------------
皆さまのお声、お待ちしております。