温肌研究員の高橋がお答え!
“いまどき”肌のお悩みあれこれ

ステイホームは冷え性の味方!?

こんにちは、温肌研究員の高橋です。
お客様から日々寄せられるさまざまなお悩みの声にお答えしていきたいと思います。

冷え性なので、毎年冬の時期はとてもつらいのですが、今年はステイホームで寒さから逃れられたので、冷え対策は安心です。

たしかに今年は例年に比べて家の中で過ごす時間が増えました。冷たい外気に触れることなく温かい部屋にこもっていれば、体が冷えやすい方にとっては、過ごしやすい冬かもしれません。

しかし、部屋にこもっていることで“冷えを感じる”機会は減っても、かえって“冷えやすい”体になるリスクがあることをご存じですか?それは、熱産生量の低下によるもの。自身の体から熱を生み出す力が弱まり、体の熱が根本的に不足することを招いてしまうのです。

普段、人の体は筋肉を物理的に動かすことで多くの熱を産み出し、血流を体のすみずみまで送り届ける助けになっています。しかし、体を動かす機会が少なくなると、熱を産み出さなくても良いと体が勝手に判断し、熱の産生量そのものが低下してしまいます。当然、血流の巡りも悪化するので外側からどれだけ温めても体の芯は冷えたまま。結果的に体の冷えは悪化し、慢性化しやすくなってしまうのです。

そしてこれはお肌にとっても良くないこと。外側からいくらスキンケアでバリアをしても、肌本来の力が弱まっている状態ではあまり効果が感じられず、なかなか悪循環から抜け出せない状態になってしまいます。

家の中にいて体の冷えが気にならないようなときこそ、“冷えやすさ”対策のために、体を動かすことを心がけてみてください。時間の余裕ができれば少し簡単な運動をしてみたり、在宅ワークなどで忙しい方も1時間おきにストレッチしてみたりするだけで、違ってくると思います。

----------------------------------
▼温肌研究員の髙橋に聞いてみたい、肌や体に関するご質問を募集中!”こんなこと聞いてみたい!”というお声を、公式LINEにてお寄せください。
⇒ON&DO公式LINEお友達登録
----------------------------------
皆さまのお声、お待ちしております。