温肌研究員の野口がお答え!
“いまどき”肌のお悩みあれこれ

初夏の肌トラブル……外気温が落とし穴!?

こんにちは、温肌研究員の野口です。
お客様から日々寄せられるさまざまなお悩みの声にお答えしていきたいと思います。

紫外線対策を頑張っているのに、肌表面がカサつきます。

初夏が訪れ、気温も高まってきましたね。夏の気配を感じます。
曇りの日も多いですが、実は、晴れの日以外でも、降り注ぐ紫外線の量は少なくありません。
紫外線対策をしっかりとされているとのこと、素晴らしいです。
紫外線は、肌の土台となるコラーゲン線維を破壊してしまうため、乾燥のみならず、シワなどのエイジングトラブルにも繋がります。

そして、紫外線に加えて着目していただきたいのが、実は、「肌に触れる空気の温度」なのです。
この時季は、エアコンの冷房や除湿機能を使い始める方も多いのではないでしょうか?
また、ご家庭で使わなくても仕事先やお買い物の際に、屋外と異なった空気を肌で体感し、「なんとなく寒い」「肌がひんやりする」と感じる方もいらっしゃると思います。

実はこの時、暑さに適応するために分泌された汗が、肌の表面から一気に蒸発するということが起きています。同時に、肌表面の温度が低下し、水分も一気に奪われてしまうのです。その現象が、肌のカサつきを招いてしまうのです。
さらに、肌が乾燥すると、皮脂が毛穴から過剰に分泌され、ベタつきやニキビなどのトラブルに繋がる恐れも。

建物の中にいても、屋外にいても、紫外線や外気温の変化によって、肌は常にダメージにさらされているのです。とは言え、どこにも買い物へ行かないということは、なかなか難しいと思います。
そこで、肌を労わってあげるようなケアが大切です。

汗をこまめに拭き、熱と水分の過剰な蒸散を防ぐのはもちろんのこと、朝晩の保湿ケアを見直すことが大切です。少し暑くなってきたからといって、化粧水だけで済ませることなどは水分蒸散を加速させてしまうので危険!

さらに、夏は、日中も肌にうるおいを与えることができるミスト化粧水もお薦めです。メイクの上からでも、こまめに肌の水分補給をすることで、外的ダメージ要因に負けない、うるおいに満ちた肌へ導くことができます。

そろそろ、夏が本格的に到来します。
日差しを受けて輝くような美しい肌を保つためにも、ぜひ紫外線以外にも目を向けてあげてください。

----------------------------------
▼温肌研究員の野口に聞いてみたい、肌や体に関するご質問を募集中!”こんなこと聞いてみたい!”というお声を、公式LINEにてお寄せください。
⇒ON&DO公式LINEお友達登録
----------------------------------
皆さまのお声、お待ちしております。