温肌研究員の野口がお答え!
“いまどき”肌のお悩みあれこれ

乾燥する真冬でも、ベースメイクの仕上がりを美しく。

こんにちは、温肌研究員の野口です。
お客様から日々寄せられるさまざまなお悩みの声にお答えしていきたいと思います。

今の季節、ベースメイクの仕上がりが粉っぽく感じます。

寒く、空気が乾燥する日々が続いていますね。
ベースメイクの仕上がりが粉っぽいということですが、今お使いの下地やファンデーションを見直すほかに、スキンケアのステップからも対策することができます。 うるおいが逃げない、しっとりした肌に導くことで、粉っぽさが回避されベースメイクが思い通りに美しく仕上がります。

そのために、オイルが入ったアイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか?
美容液のみならず、オイルが配合された化粧水やブースターで取り入れるのもおすすめです。
私は、海外の自然由来原料の研究にも携わったことがありますが、オイルの中でおすすめなものの一つは、椿の種子由来のものです。

椿油は、酸化しにくい上、オレイン酸という人の皮脂に最も多く含まれる脂肪酸を多く含んでいます。
そのため、椿のオイルは、皮脂膜で覆われている肌表面に馴染みやすい性質を持っています。さらに、肌表面に存在する角層の構造をすこやかに保つ働きがあります。

肌表面に存在する角層には細胞が並んでいますが、その間を細胞間脂質が埋めています。
角層内部は、水分と油分がミルフィーユ状に交互に重なり、規則正しく並んだ「ラメラ構造」と呼ばれる構造になっています。

紫外線をはじめとする環境ストレスなどで水分と油分のバランスが乱れ、このラメラ構造を保てなくなると、肌のバリア機能が低下し、外部刺激をはね返す力が弱まったり、角層の水分が蒸発して乾燥したりと、様々なトラブルに繋がってしまいます。

トラブルを解消するためにはラメラ構造をうるおいで満たすことが必要ですが、水分ばかりを与えるのではなく、うるおいを逃がさないように油分も補うことが必要となります。

細胞間脂質は油分との親和性が高いため、油性であるオイルは角層のすみずみまで浸透することができます。
浸透することでオイルに溶け込んだ美容成分や、オイルそのものに含まれている栄養素を送り届けることができるのです。

ニキビの原因になるからとオイルを避ける方もいらっしゃいますが、適量を使い続けていただくと、肌が柔らかく、しっとりするようになります。
その結果、ベースメイクも素肌に密着し、粉っぽさが気にならなくなるのです。
オイルが配合されたアイテムを使ったことのない方は、ぜひ取り入れていただくことをおすすめします。

寒い日々がまだまだ続きそうですが、過酷な環境から肌を守るような気持ちでケアを続けていただければ嬉しいです。

----------------------------------
▼温肌研究員の野口に聞いてみたい、肌や体に関するご質問を募集中!”こんなこと聞いてみたい!”というお声を、公式LINEにてお寄せください。
⇒ON&DO公式LINEお友達登録
----------------------------------
皆さまのお声、お待ちしております。