温肌研究員の野口がお答え!
“いまどき”肌のお悩みあれこれ

高温多湿の夏も、べたつきのない、さらりとした素肌へ。

こんにちは、温肌研究員の野口です。
お客様から日々寄せられるさまざまなお悩みの声にお答えしていきたいと思います。

今年の夏は、例年よりも肌のべたつきが深刻です。

日差しの強い日が続き、夏真っ盛りの暑さとなりましたね。
肌のべたつきにお悩みということですが、エアコンの風は肌に直接当たっていませんか?

今年の酷暑は特に、無理に暑さを我慢するのは危険で、暑さ対策のために適切なエアコンの使用が必須です。ですが、エアコンの風によって肌は水分を失い、油分だけが残りがちとなり、その結果、べたつきに繋がります。肌の水分が過剰に失われないようにエアコンの風向きを調整し、直接風が当たらないようにしましょう。

そして、依然として感染対策のために外出時や人の多く集まる場所でマスクを着用する方がほとんどだと思います。マスクと肌のあいだは高温多湿で蒸れており、そのような環境におかれた肌は、水分と油分のバランスが崩れてきていると考えられます。

べたつきのお悩みは特にティーゾーンに現れやすいのですが、私たちがマスクを日常的に着用するようになってから、ティーゾーンに加えてマスクに覆われている顔の下半分の肌トラブルが顕著となる傾向があります。顔の下半分はマスクによって蒸れている状態と、マスクをはずした時に一度に水分が蒸散し、うるおいが損なわれる状態を繰り返し、水分と油分のバランスが乱れます。

油分である皮脂は、本来は肌を保護したり、水分の蒸発を防いだりと不可欠な物質でありますが、過剰に分泌されるとべたつきやテカリなどの肌トラブルを招きます。皮脂を適度に保つためにも、洗顔と保湿のステップをそれぞれ見直しましょう。

スキンケアの基本となる洗顔では、しっかりと余分な皮脂を落としましょう。頬や額は意識しなくても自然と洗顔しやすいですが、ティーゾーンや鼻筋の両わき部分、顎まわりは人によっては洗顔が疎かになっている場合があります。ティーゾーンや顔の下半分は、肌の水分と油分のバランスの観点からも、洗顔を特に疎かにしたくない部分です。顔全体をくまなく洗えているか、ぜひ注意してみてください。

次に保湿についてですが、暑い夏は、化粧水あるいは、化粧水と美容液だけでスキンケアを完了させてしまいたくなる方もいらっしゃると思います。肌は水分が足りないと乾燥を防ぐためにさらに皮脂を分泌しようとするので、化粧水や美容液で水分や美容成分を肌に与えてあげるだけでなく、クリームでそれらにフタをして保湿ができているか、確認してみてください。

食習慣も肌の状態と密接に結びついています。脂っぽい食べ物ばかりを摂取していると皮脂の分泌が盛んとなり、肌のべたつきにも影響します。夏は食生活が偏りがちになる方もいらっしゃると思いますが、バランスの良い食事を心掛けることが大切です。

暑い日が続きますが、無理のない範囲で日々のスキンケアや食生活を少しずつ振り返っていただければ嬉しく思います。

----------------------------------
▼温肌研究員の野口に聞いてみたい、肌や体に関するご質問を募集中!”こんなこと聞いてみたい!”というお声を、公式LINEにてお寄せください。
⇒ON&DO公式LINEお友達登録
----------------------------------
皆さまのお声、お待ちしております。