温肌研究員の野口がお答え!
“いまどき”肌のお悩みあれこれ

ウォーキングで内側からスキンケア。夏の疲れを感じさせないハリ肌へ。

こんにちは、温肌研究員の野口です。
お客様から日々寄せられるさまざまなお悩みの声にお答えしていきたいと思います。

肌がしぼんだように元気のない感じがします。
スキンケアはきちんとしているつもりですが、どうしたらいいですか?

ようやく暑さも和らぎ、過ごしやすい気候となりましたね。
日を追うごとに日照時間が短くなっていくのを感じます。

秋の肌は、夏に大量に降り注いだ紫外線のダメージが蓄積して、想像以上に疲れています。
暑くも寒くもないと肌の状態が安定しそうなイメージがあるかもしれませんが、夏に受けたダメージをしっかりケアすることが必要です。

日々のスキンケアはしっかりとされているとのこと、素晴らしいです。
それに加えて、適度な運動を習慣的に行うことが効果的です。体を動かすことでお顔の肌だけではなく、全身の肌にハリをもたらすことができます。

今の時季は、屋外でウォーキングをするにも適した気温です。まだあまり運動習慣がない方は、毎日ではなくても、まずは週に二、三回程度から始めていただければと思います。

秋になると紫外線の量が低下するものの、一定量は降り注いでいます。ですので、UVケア効果のあるアイテムを塗布し、朝や夕方など太陽が低い位置にある時間帯にウォーキングしていただくと、より理想的です。

細胞をいきいきとした状態に保つことは美しい肌へ導くための必須条件です。そこで鍵となるのは血流です。細胞は、毛細血管を通じて血液から肌に必要な酸素や栄養素を取り入れ、不要な二酸化炭素を排出します。
筋肉の量が多い下半身を動かすと、全身の血液の流れが促進されます。全身の血流を良くなると毛細血管を通して細胞一つひとつに血液を行き渡らせることができます。その結果、細胞をいきいきとした状態に保ち、美しい肌へ導くことへ繋がります。ウォーキングすることは、肌を内側からケアする手段でもあるのです。

運動をする時間がない方もいらっしゃると思います。そうした場合は、移動の際にエレベーターやエスカレーターを利用するのではなく、階段を使って脚の筋肉を積極的に動かし、下半身から血流の流れを良くすることも可能です。

運動習慣をダイエットと連想する方も多いかもしれませんが、実はそれだけではなく、ハリのある美しい肌に導くためにも大事なことなのです。

運動不足の状態が続くと筋肉の量も減少していくため、体温の低下に繋がる恐れもあります。体温が低下することは、肌にもマイナスの影響を及ぼします。

冬に向けて次第に湿度が低下し、肌の乾燥が進みます。今の時季に夏のダメージをケアして肌をいたわり、美しい肌を育む習慣を少しずつ無理のない範囲で行っていただけたら嬉しいです。

----------------------------------
▼温肌研究員の野口に聞いてみたい、肌や体に関するご質問を募集中!”こんなこと聞いてみたい!”というお声を、公式LINEにてお寄せください。
⇒ON&DO公式LINEお友達登録
----------------------------------
皆さまのお声、お待ちしております。